モーリンのアルト&スパイダー記

スズキ アルトとBRP SPYDER RTの長期テストを掲載中

門司港レトロの旅 その15(車両展示場)

九州鉄道記念館は、門司港駅の近くにある鉄道関係の博物館で、明治時代に九州で製作

された木造客車や、懐かしい車両の展示がされています。 入館料は大人300円です。

 

 

 

 

開館は9時から17時までで、最終入館は16時30分。急ぎ足で何とか2分前に入館できた。

館内は「車両展示場」「本館」「ミニ鉄道公園」「車両運転台」に分かれている。

 

 

 

 

幼き頃 姫新線蒸気機関車に乗った事を覚えています。姫新線から蒸気機関車が撤退

したのは昭和46年だそうです。型式は覚えていませんが 多分「C11」だったのかな。

 

 

 

 

国鉄EF10形電気機関車東海道本線等で運用されていましたが、特に関門海峡トンネル

での運用車両は、海底トンネルでの海水の漏洩による車体各部の 「塩害」 が深刻で、

外板をステンレスに張り替える改造を受け、この車両もそのうちの一両です。

 

 

 

 

「にちりん」には一度乗ってみたかったですね。 私の思い浮かべる「特急」って、

こんな感じなんです。「かもめ」「有明」も新車両で今も運行しているみたいですね。

 

 

 

 

国鉄キハ07形気動車ディーゼル動車)は、昭和初期に開発されたキハ42000形を元に

造られ、戦後も1970年迄現役だったようです。 写真の車両は2022年3月に「国指定

重要文化財」に指定されました。 同型は「キハ07 5」「キハ07 29」が現存します