モーリンのスパイダー日記2

Can-Am SPYDER RTの長期テストを掲載中

軍港クルーズに行こう その10(針尾)

f:id:morriee2:20210326163934j:plain

クルーズ船が速度を上げると、エンジン音が船内に響き、1階座席では 船内放送の

内容が聞き取れにくくなる。 早めに行って、二階の右舷側の席を取る事を勧めます。

 

 

 

 

f:id:morriee2:20210326164610j:plain

f:id:morriee2:20210326164722j:plain

旧日本海軍の「佐世保海軍工廠」続きの造船会社、佐世保重工業が見えてきます。

大正時代に英国から輸入された薄緑色の巨大クレーン(250t)は、現役です。

 

 

 

 

f:id:morriee2:20210326165123j:plain

f:id:morriee2:20210326165146j:plain

米海軍の貯油施設が見えてきました。 米第7艦隊の70隻が三か月間の軍事作戦を

行う事の出来る程の膨大な量の燃料が、ここに保管されています。

 

 

 

 

f:id:morriee2:20210326165406j:plain

佐世保湾と外海との行き来は、俵ケ浦半島先端の高後崎と寄船鼻の間1ヶ所、幅約850mの

狭い水道のみです。また 湾の大半は米海軍による制限水域で、自由な航行は制限されます

 

 

 

 

f:id:morriee2:20210326170436j:plain

f:id:morriee2:20210326170456j:plain

全国に4つ(横須賀、舞鶴佐世保、呉)ある海上自衛隊の教育隊の建物です。

毎年300名程度が入隊し、半年間の厳しい基礎教育訓練を受けています。

 

 

 

 

f:id:morriee2:20210326170804j:plain

巨大な避雷針が立ち並ぶエリアは、米海軍の弾薬庫です。 前畑弾薬庫と言います。

集積量は軍事機密で不明ですが、弾薬貯蔵数万トンと言われています。